羽子板・破魔弓


破魔弓は古くより魔除けの儀式に使われ、江戸時代に武家や商人の間で男の子の初正月の祝いに現在のような破魔弓を飾る習慣が生まれました。それ以来健やかに育つようにとの願いを込めて、正月に破魔弓を飾るようになりました。

羽子板も古くより魔除けの儀式に使われ、江戸時代の後期から 羽子板に歌舞伎役者の押絵を取り付け一段とが豪華さを増し、庶民の人気を集めるようになりました。
お正月に羽子板を飾る風習や女の子の初正月に羽子板を贈る習わしは、邪気をはね(羽根)のけて健やかに育つようにとの願いが込められています。

掲載商品は一例でございます。当店では、破魔弓・羽子板を多数取り揃えて、お客さまのお越しをお待ちしております。
商品の異なるサイズ、価格につきましては、お電話にてお問い合わせください。